凄いカメラマンがサポート

現在、来春に向けての雑誌創刊準備中!自らも実践者であるいかれた方にラブコールしております。そんな中に有名アウトドアブランドなら殆ど一度は仕事をした事があると言う、まさしく東京時代の私をカメラマンにしたような工藤了氏から快い返事を頂きました。私に音頭取りを依頼してくれた室長と同じでパウダージャンキー!年齢的にも待ちの写真では無く責めの写真が期待出来ます。アジリティなど追いかけている方からも作品送って頂きましたが、素晴らしいのですがプロ用語である『しずる』の理解が出来ていないので私の追いかけるものとは異なるものでした!筋肉の萎縮、呼吸の把握が出来ていないものは、その筋の人が見たら笑い者ですからね!秋の鴨猟解禁のガンドック達から始めましょう!何だか素晴らしい作品が生まれそうです。
d0052419_16263415.jpg

by stream-navi | 2005-08-23 16:27
<< 拝啓 川崎のチコかあさんへ 好評第二弾アウトドア犬メーカー >>