ファイザー製薬の発表は凄いね!

本日、一番世界市場を揺るがしたのがファイザー製薬の糖尿病患者の注射では無く、呼吸器官から吸入するインシュリンだ。このメーカーは犬のCLの研究でも最先端のメーカーなのはご存知かな?ぼくら造園のプロや樹木医も使用している老木の薬まで製造しているんです。しかし今回の発表は驚きました、と言うのも僕の大好きな人に生まれながらのキャリアの人がいるんです。やはり注射針と言う精神的ストレスは僕らには想像もつかないようです。特に妊娠に向けたコントロールは容易では無意図の事です。海外では認可されたようですか、薬に関しては癒着が多い日本の医療事情。かかりつけの医師が扱ってくれるかも疑問です。一生つき合う病気患者は医者に取ってドル箱ですから。簡単に個人で取り扱える便利な道具、しかも血糖値を安定させやすいものを医師は、あーだこーだと否定するのが目に見えます。そして裏工作で保険外扱いかな?とにかくファイザーがんばれ!血糖値は犬ぞりやガンドックのサイトのヘルスに良く書かれている程に活動犬の体調コントロールにも密接な事項です。だから僕はステキな事の為に命を捧げてくれた多くの動物に感謝しています。Revolution (selamectin) stops fleas and prevents heartworms.
by stream-navi | 2006-01-28 13:23
<< アメリカでは鴨ダミーが犬訓練の主流 笑える凄いボーダーコリー >>