今週のスペイロッド/CND

CNDトンプソンスペシャリスト、なかなか上出来な一本である。やはりロングベリーラインなかでも3M のDr. Way Yinが開発したXLTの伸びが抜群である。私自身フルパラボリックが納得出来ない人間なので7:3調子が上手く配合されているのには正直嬉しかった。ティップの感度も上々だ。更にこの下のモデル”サルモサラー”をホテル日航アンヌプリのシェフを務める友人が保有しているが、こちらのほうが大型の虹鱒狙いに多用する私には向いている気がする。ブランクカラーもセージグリーン美しくも使える竿である。どうしても国産品はテストも試行錯誤も製品化するまでに少ないので折れるケースが多いがどうなんであろうかTAKさん?出たばかりで折れたケースは聞いてはいない。たった一つ嫌な点をあげるとスペシャリストとあるがスケールがインレイされていることである。魚のサイズを誇示するような人の竿では無いはずなのに残念!テムズで取り扱いしています。
d0052419_6352116.jpg

by stream-navi | 2005-06-12 06:33
<< 尻別川で釣れるフライの考察 心象『ルベシベに死す』 >>