<   2005年 06月 ( 173 )   > この月の画像一覧

7/2~3キャンピングカーのイベント

次の土日アンヌプリスキー場でキャンピングカーの展示会を兼ねたイベントがあります。夜はフライ仲間達のライブがあります。釣行で河原で過ごしているなら温泉ついでに遊びに来て下さい。
by stream-navi | 2005-06-30 23:05

催促されてひと泳ぎ

今日も暑い一日でした。ハアハアとサンダーの催促に久しぶりに川で泳いだ。リード無しでも泳げる様になっていて驚きです。訓練用の水に浮くボーンも流される前にダイブしてキャッチ出来る様になりました。夕刻が近づくに釣れて魚のライズが、サンダーの見守る中可愛らしいニジマスをゲット!大きな犬は平気なサンダーも魚からは体を隠していました。ウエーダーを履かない釣りは心地よい、犬と川から首だけ出して見る景色は新鮮で暫く続きそうである。
by stream-navi | 2005-06-30 21:50

PROのドックトレーナーに遭遇

午前中の仕事を終え戻り、玄関先に干していた昨夜NOCより貸して頂いたウエーダーを取り込み返却しに、その帰りフリスビーの練習をNOC横の焼き肉屋『花キャベツ』の芝生で、初めて通常サイズのフリスビーにトライ!自重が重い性もあり落下速度も飛びも悪い。ジャンプキャッチするものの苦しそうである。丘の上で風が強いためニセコのサクラの名所である東景園へ、近頃キャンピングカーのサイト化している此処は犬にとっても最高の訓練場である。練習していると埼玉からキャンピングカーで旅をしてきている一人の女性に声を掛けられた。「フリスビーやらして!」ためらいも無しに円盤を手渡した。女性に操られているサンダーは美しかった。聞くとなんとプロの犬の訓練士だ!次はリードでヒールに従った。サンダーもプロの使役犬の血統であり誰がコマンドを掛けようが従う性格である。やはり私のPATAGONIAのフリスビーは粗悪品だとのこと、知らずに形だけの模倣品でやると犬の歯が折れてしまうらしい。関東と北海道の犬の扱いの違いについて厳しい内容の会話を暫く楽しんだ!
by stream-navi | 2005-06-30 21:36 | Feild dog kennel

O-REX岡田サン監修スペイDVD完成じゃ!

当ブログでもコメンテーターとしておなじみの岡田サンのDVDが完成!来月発売となります。その名も『スペイ大百科』どらえもん風に読んで頂くとありがたい!スペイキャストはまだ初めていない方も、上級者から初心者迄が楽しめる仕上がりのようです。私の別サイト、スペイ質問箱にも岡田氏への質問お寄せ下さい。http://freebbs.biz/patio/patio.cgi?user=streamまた来月のキロワールド展示会も宜しくです。スペイキャストDVD
by stream-navi | 2005-06-30 00:42 | Fishing

フライ用語は英語で助かります。

本日のお客様は昨年ラポンテ近くのログハウスを購入されたJHON様とヒラフスキー場のD線近くの外人向けコンドミニアム[firsttrack]のオーナーであり香港便の旅客機のパイロットのMIKE様でした。その他ラポンテの吉村君とガイド見習いの村上君の五人で釣行、手持ちで外人サイズのウエーダーが無くNOCで借りまして、少し早い時刻から沢田氏のポイントへ、林道で軽くキャスティング練習を終えた後崖を下りまずは緩やかな場所で流し方の説明とテク!しばらくすると洋書で読んだ記事を思い出して魚が水中でどのような姿勢で何処で待ち構えて居るかを説明する事が出来ました。おかげで強風コンディションでしたが生まれて始めての魚だと言うMIKEにニジマスが!ジョンはジャンプさせちゃうようでバラしまくり。楽しかったけど初心者にイブニングは早すぎる感じでした。英語でのガイドも病み付きになりそう。欧米人達と日本の釣り事情として外来種の問題を論じ合うと差別問題に突き当たる。川にはグローバル化は通用しないのだろうか?何処と無く右翼思想=環境保護と感じるのは私だけであろうか?

異 国 語 の 叫 び 早 瀬 に 呑 ま れ た り
by stream-navi | 2005-06-29 22:07 | Fishing

明日はイブニングライズのガイドだ

川でのアクシデントのアドネラリンを押さえようとニセコ駅にある松田軍団のアジト茶房ヌプリへ、ほろ苦いアイスオレをチビチビしながら先程ブレイクしたラインの縺れを解きながら確認していると無数に亀裂が、夕刻はインターでとの考えも失せた。松田氏の店にはイブニングへ出かける釣師が一人また一人と増えて来た。今日はダービーをしようと松田氏の提案!一番小さなニジマスを釣ったものは全裸で川に立ち込み写真に納まり暑中見舞いにして送るとの事だ、私は根っからのMであるのと自分の写真少ないので大賛成であったが、痔を患っている方がいてダービーは後日となり、それぞれポイントへ散った。今日は大橋の近くが良いと考えていたが生憎NOCのカヌーのトレーニングのマッサイ中でした。次のポイントにはラムズ工房の沢田氏が、やはりシングルで入れるポイントは知り合いの車ばかりであった。仕方なく我が家の庭でどうにか35センチ位のを一本、5番ロッドに3番ラインに#4のドライといい加減にしろと言う程のアンバランスなタックルで釣り上げた。家に戻るとラポンテ支配人の吉村君が待っていて明日のイブニングライズの一般客を紹介してくれた。
by stream-navi | 2005-06-29 01:49 | Fishing

本日ニセコ駅裏の代償は

入溪地点の瀬の終わりでライズ発見し、明るい時間からスペイで流し始めたのですが、下流に下がるに連れて立ち位置の水圧がものすごい事になって来て、それにも関わらず流芯奥のトロバではライズが増え始めてきて止めるに止められない状態に。そんな中流れの重さでサイズは未確認ですがヒットして取り込もうにも胸迄のウエーディングで思う様にならず、下流に魚を送り込もうとラインを流し危ない足元で歩いていると急に台風で倒れた木に吸い込まれ身動きができなくなりまして。ラインも別の木に吸い込まれロッドも今にも折れそうな悲鳴!考えたあげくラインを全て出し切断し木の枝に結んで、まず竿は確保!次は入水したウエーダーを脱ぎながら木の上に這いずり上がりました。木の枝伝いに猿の様にしてラインを回収!しかしアカシアの木に絡まったラインはガンとして動かずあえなく切れてしまいました〜、WINDCUTTER9/10フローティングヘッドをロスしてしまいました。最も実釣に役だったラインだったので釣れているこの時期には悔しい損失でした!ウエーダーもピンホールだらけと相成りました!
by stream-navi | 2005-06-28 23:07 | Fishing

夏と言えばレゲエだ

ニセコそれもヒラフに籠った事がある人なら誰でも耳にしたことがあるのでは無いだろうか?その名は『倶知安ロッカーズ』私は本業の傍ら東京時代の夜、今で言う所のクラブで長い事遊んで来た!自ら回すのはR&B(60's〜甘茶〜funk)当時の仲間で有名なところでは藤原ひろしクンかな?そんな過去があるせいか若い世代のDJシーンを心から応援している。ロッカーズはその名の通りレゲエのDJのチームである。ジャンル的にはダンスホール系を軸に、時には映画『ロッカーズ』ばりのおちゃらけをプレゼントしてくれる。ニセコにはSWEETな時間を与えてくれる玄天スタッフでもあるDJ kouhei 、UKダブサウンドを軸に大人ぶる我が本業の助っ人DJ YUDOも。またトランス系のイベントではプロスノーボーダー永田学クンが仕切りを務めるパフオーマンスはファンのみならず楽しめるはず。昔のDJはバリバリに踊れたけど、現在の人達は時代が細分化傾向のせいかシャイなのか踊らなくなりましたね。
d0052419_2238223.jpg
d0052419_2238414.jpg
d0052419_2239675.jpg

by stream-navi | 2005-06-28 22:39

心象「NISEKO BLUES STATION]

雨の夕刻、シカゴでもナッシュビルでもなく、ここはニセコ駅の切符売り場がある構内である。誰からともなく予定もなくBLUESのセッションが響き渡る。アコースティックギターの何弦目の何フレットか忘れてしまったが駅舎に使われている大正時代のガラス達が美しく共鳴する。古い木造建築はそのものが自体が楽器である。大きな計画は根底にはあるが、その日の行動はまさに風任せなのがニセコローカルの共通項であろう。
d0052419_21171764.jpg
黒 南 風 は 旋 律 と な り 駅 舎 抜 け
by stream-navi | 2005-06-27 22:06

スイカが食べたい!

可能な限り地元のものをと実践して年月がたった。ニセコでスイカが食べられるのはお盆休みの頃であろうか?現在の食と言えば毎日アスパラと山菜をベースに日本海の幸バカリ食べている。しかしそんなスローフードな暮らしを実践していても、大好きなチョコやコーヒーの豆は南国生まれだ、まあ完全無欠のスローフード実践者にはなれそうも無い。スーパーに並ぶ色鮮やかな野菜や果物はまさにポップアート!ああスイカが食べたい!余談であるが女性も地物ではなく首都圏それもど真ん中で生まれ育った人が大好きである。スイカが好き
by stream-navi | 2005-06-27 16:39