行者ニンニクのシーズン

すっかりおなじみの行者ニンニク、ニセコではGW頃から出はじめたんだけど、皆さんは旬の味もう召されましたか?雪解けとともにニセコでは、それまでの裏山を滑る方から山菜ハンターへと車の波が変わります。そうは言っても行者ニンニクは簡単に手に入る物ではありません。爆竹を鳴らしながら増水の沢を渡りロープをたよりに崖を制覇しなくてはなりません。そんな無理が出来ない人にお勧めなのがニセコ道の駅の向かいにある夢屋、農家が自家栽培している香りの薄い物ではなく正真正銘の極上品です。オーナーが経営する比羅夫のペンションには浜野安宏さんが毎年泊まりにくる程の釣り師、ニセコでは知らない人はいない程のやんちゃな親父です。是非、行者ニンニクと旬のサクラマスでちゃんちゃん焼きしてみて下さい。あくまでも海で釣れた櫻鱒ですよ〜豊国産は美味しいのは裏の世界では有名で築地で取引される程ですけど駄目ですよ。夢屋では一回に余るだけあって300円、中華にもイタリアンにもお勧めです。そうそう買い取りもしていますので宜しく、私も実は卸しています。予約販売/地方発送も承っております。カバノアナタケの保有量もニセコ一番です。夢屋/090−1525−8097
d0052419_2242425.jpg

# by stream-navi | 2005-05-20 13:03

本流を識る本流を遊ぶ

さすが老舗のタイトルは文学色が強く釣りを日本の文化として拡大しようと言う編集者の思入れが痛い程私を刺激する。総合誌ならでは本流釣りを皆さんも覗いて見ては、えさ釣りに学ぶ事は非常に多いはずです。つり人6月号は尻別川を制するに役立つコンテンツ盛りだくさん。復活したアラスカの釣り事情もマストだ、尻別川の40オーバーヤマメは殆どが本流だ、渓流ではありませんぞ、釣り方もアプローチも違う事を学ぼう。
# by stream-navi | 2005-05-20 12:31

雨の日の釣り師へ レザークラフトのお勧め

私も影ながらお手伝いをしていたラポンテスキー場のスタッフが、ニセコでレザークラフトの体験&スクールを始めたよ、ニセコに来てもあいにくのコンディションそんな時貴方はどうしています?温泉もいいけど、私はクラフト体験がお勧め、それも釣りに使えるものなんか最高じゃないかな?
流行のネックラニヤード、ボトルシエークホルダー、リールケース、大物じゃロッドケースなんてのも出来ちゃいます。勿論携帯用のストラップも、デザインも自分でアレンジ出来ますよ、インディアン風バイカー風はたまたスコットランド風と色々、皮の素材も色々選べます。体験時間は貴方のこだわりで変わりますが、この夏は自分の物をまずひとつ自分で作りましょう。釣りアイテムの既成デザインはROCK'N & ROLL BAND COOLS のステージ衣装を手がけていた私が男っぽく仕上げました。刻印も尻別川ならではのを準備中。
問い合わせは/FAN FUN
090−2057ー9616中村まで
画像は私が昨日仕上げた同社の刻印ロゴ
d0052419_1215794.jpg

# by stream-navi | 2005-05-20 12:02 | Local News

スペイキャスターの皆さんへNEWS!

3MよりマスタリーXLPスペイラインが発売されているのは認知の事、SCOTTのロッドオーナーなら絶対使っているはず?何故なら両方とも開発者がDr. WAY YINだからだ、そんな彼からNEWSです。新しく発売されたSCOTTのLS2に最も相応しいロングベリーラインが来る7月アメリカでリリースされます。その名もXLP2、どの位違うかはロッドの方もラインの方も、まだ手元に無いのでコメント出来ませんが彼いわく凄いらしい。TIMCOによると残念ながら国内販売は冬とのこと、大河川の釣りは業界では二の次のようです。そんなイメージを打破するためにも皆でフィールドを育てましょう。
ラインでお悩みの方、各ロッド各ラインの適合情報沢山あります。お問い合わせ下さい。拾われてしまいますので表では記載しません。great-esc@coffee.ocn.ne.jp
d0052419_2383117.jpg

# by stream-navi | 2005-05-20 11:26

ニセコ ラム工房 ギャラリーオープン

ニセコ、フライ、ニジマスと検索すると駅裏が出てくれば面白いのだが、そんなポイント近く黄色のニセコ大橋、そのたもとにあるのが、ラム工房です。併設されたRAM'S RESTRANTを利用されたことがあるかも、オーナーは鉄を叩いてアートしている訳だが、私たちのflyfishingとbluesの大先輩だ。
6/1渓流解禁日、ここに新しくフリーギャラリーが誕生する。魚達の写真展、釣り具のクラフト展、オールドタックル展等に利用も出来ます。もちろんクラブのミーティングにもライブにも利用しちゃって下さい。
是非釣りの帰りに食事はラムズをご利用下さい。私もFLYFISHINGガイド時は利用させて貰っています。
0136−44−1331(ラム工房)
# by stream-navi | 2005-05-20 11:10

日本全国カヌーの日

「とにかく5月の最終週末はカヌーに乗ろうよ。」
カヌー・カヤックに最適なフィールド・日本と、カヌー・カヤックが大好きな人々が「どれだけいるのか」を世間に記すイベントです!ツアー、スクール、試乗会、競技会への参加人数・参加艇数報告を写真と共に送付していただければホームページに順次公開。難しいことは言わず、年に一度くらいはカヌーに乗ろうよ・・・という”あなたに参加して欲しい”イベントです。
日時:5月28日(土)〜 5月29日(日)
場所:日本全国の湖沼、河川、海岸
参加対象:カヌー・カヤックに興味がある人/カヌー・カヤックを持っているが最近漕いでいない人、毎週漕いでいる人、などなど
主催:日本全国カヌーの日実行委員会)
詳細:スクールやイベント情報はこちらから
    http://www.canoeday.com (近日稼働)
お問い合わせ:日本全国カヌーの日実行委員会 事務局・
ビーバーカヌー内 TEL 0167-52-2660
尻別川ではニセコファイン、セゾンクラブ、ニセコアウトドアセンターでカヌーをやっています。持ってはいるけど自信の無い方、自分の狙うポイントを確かめたい方等の参加宜しく願います。全国規模のイベントなので、最寄りのフイールドの業者をお問い合せ下さい。ビーバーカヌー社長の早口には気をつけろ、間違いない!団体参加もOK マスターすれば釣果に差が出るよ。
# by stream-navi | 2005-05-19 16:00

ご利用ください川の情報館

昨年6月に尻別川の防災拠点として産声をあげた川の情報館、皆さんご存知のポイント豊国橋の直ぐ下のランラン公園にあります。釣り仲間の会合にスクールに、インターネットもご利用出来ます。トイレだけでも雨宿りだけでも、どしどし汚しに来て下さいスタッフも話したくてうずうずして貴方のお越しをお待ちしております。尻別川の高水敷を逃れて建設されているので敷居が高く感じますが宜しく願います。
# by stream-navi | 2005-05-19 15:42

ヤツメウナギ放流

寿都町漁協港町漁業協力会が今年度も引き続き増殖を目的とし、体長40センチに達した成魚500匹を、尻別川下流にある栄橋にて放流を完了しました。
フィッシュイーター化した尻別川の大型鱒類を狙うアングラーには注目して欲しい重要なファクターです。一昨年、石渕で冷凍ウナギの30センチにニジマスの70センチが釣れたのを目撃して以来、昔キャスティングを私に教えてくれたスティーブレイジェフが発表したゾンカーを上下に張り合わせた特長のフライを雪代後使う様になりました。
釣れたかって?釣っちゃいけない魚には効果ありました〜、密漁は止めましょうね。今年も名駒地区では何人か逮捕されたそうな。自分が釣られてどうするの?
# by stream-navi | 2005-05-19 14:44

ニホンザリガニ探検隊

隊員募集とのこと、アメリカザリガニと違い東北のごく一部と北海道でしか生息は確認されておりません。昔は道内至る所に生息していたようですが、現在ではその数は激減し絶滅の危機にあり、保護して行かなければいけない私たちの財産です。
興味関心のある方は是非、ご家族で参加下さい。現在は子供を含め30人程です。
問い合わせは/0136−57−5610(大表章二まで)
活動拠点は尻別川下流、蘭越町です。
# by stream-navi | 2005-05-19 14:23

尻別川の未来を考えるおびらめの会が凄いの作ったよ!

尻別川の未来を考えるおびらめの会では、尻別川イトウの人工孵化に成功したのは認知の事、今度は尻別川の流域の児童にその稚魚の育成をお願いすることになりました。ただ育てるのではなく正しい知識を持ってもらおうと、学習のための資料を独自で作ったよ!詳しくはおびらめの会のホームページからダウンロードして貴方の子供の絵本にして上げてね。
http://homepage3.nifty.com/huchen/Obirame/index.html
私も子供自信の力で環境に関心を持つ事に大賛成。きっかけだけは、そっと作って上げたいよね。
尻別川のイトウは、道北でばかばか釣れるイトウとは全然違う美しいものです。住民自身が関心を示さないと、つり人で賑わう喜茂別も土建のいいなりに川が改修されてしまいます。今後さらに広島橋まで工事が進むらしい。
教育委員会の開催する筏下りに危ないとローソン裏の大岩を破壊したりおかしな町だ、ふつうは危険の回避を教えるのが教育なのにね。
喜茂別にハマる釣り師も何が良くて動きの悪い放流鱒を釣るのだろうか?
例の岩井氏のビデオのせいか、撮影日と放流日を確かめてみたまえ。プロが来るから撮影があるから放流する自治体もあるらしいよ、
d0052419_1226467.jpg
# by stream-navi | 2005-05-19 12:29

尻別川探検隊サマーキャンプまたやるぞ〜

子供に手つかずの自然の中で、様々な危険を体験しながら本来の形の自然を体で感じてもらおうと、私が地元のプロガイドそれも世界クラスの方や、環境関係の博士達に無理矢理頼んで実現した尻別川探検隊。安全に関してもプロに寄るボランティアですから、ど〜んと任せて下さい。そこら編の野外教育とニセコスタイルのは違います。小学2年で自力で羊蹄山登れるのは当たり前ですから、
昨年はスタッフもガイド繁忙期でデイキャンプに終わり、父兄からも子供達からも何だ〜との意見、でも子供達よ小学校低学年にエンジンチェンソーで木を切らせ、斧で割らせるのに、どんだけ保険屋と話会った事か〜セゾンクラブだけが加入許してくれました、感謝です。父兄の皆さん今年は子供をどんな危険な目に逢わせれば良いでしょうか?早めにリクエスト下さいね。今年は本州からも募集します。外人の子も参加オーケー、障害者も歓迎だよ。
問い合わせは great-esc@coffee.ocn.ne.jp 依田まで

d0052419_10345353.jpg
# by stream-navi | 2005-05-19 10:35

愛鳥讃歌

開設以来見学者は居るようだが、初めて足跡を残してくれたのは札幌のイワナさんでした。嬉しくてニセコの空もつかの間の晴れ間を覗かせています。
庭にはスズメやカラスではない様々な鳥達が賑わいを見せている。どうしてもフライのマテリアルとして見てしまうのは私だけではないだろう、しかし尻別川に生息するワイルドなトラウトを口説き落とすに必要なサイズには今日の鳥達はあまりにも小さすぎるようだ。
地元のマテリアルで巻いたフライで釣りたいと願って何処に出かけても、足下ばかり見ている。私の中の需要度はアオサギ、白鳥、カモメ、ウミウ、カワセミ、マガン、キツツキ類、過去最大の戦利品はフクロウだ大きさも柔らかさも最高である。
とは言いつつもマーベリックのセレクトするホワイティング社のスペイコックとコックデレオンの毛足の長いテイリングパックはやたらと釣れるので愛用している。
修学旅行のフライ体験用にはエゾシカちゃんを使わせて貰っています。でも一人当たりに3本と計算しても1クラスだと100本を軽く超えてしまいます。誰か早巻きのチャンピオンと自負する方、一本100円で負ける方連絡が欲しいな〜
なんだかマテリアルを生産する農家になりたくなってきた〜
# by stream-navi | 2005-05-19 08:50

WEBのデザインは凝りすぎて

久しぶりに自分のサイト作っているのですが、客観的になれなくてパーツのデザインに時間がかかりすぎです。でも楽しいですよ〜東京時代、FLYFISHERにBASSERの定期誌のアートディレクションに週刊TVガイドの表紙、BE-PALの別册の仕事OUTODOOR誌のレイアウトに始まりアウトドアメーカーの広告なんかもしていたから
釣りに行きたくても行けない状態で爆発しそうだったのが今では昔話、でもSMスナイパーとかウレッコなんて雑誌に営業に行って定期の仕事貰ったときは嬉しくて固まった〜トップページのイメージ構想出来たので現在はそれでサイトに広告を取ろうと営業中です。目指すはディスクトップパブリシング釣りとアウトドアのコンテンツで、アップには時間かかりそうなので、blog先に始めちゃいました〜詳しくはgreat-esc@coffee.ocn.ne.jp 画像はサンプルです。
d0052419_10504518.jpg

# by stream-navi | 2005-05-18 20:25

今日も雨、明日も雨。

夕方、川に遊びに行くと以外にも多くの釣師の影が、そのひとり地元の伯父さんの釣りする横で30分程、竿も出さずに見ていたら、あっという間に3本しかも180円の秘密兵器でだ。どうりで愛したスポーツザウルス万歳してしまう訳だ、しかし潰れたのは残念、恐竜のロゴは僕が森本先生のイラストをデザインした物だった。シムスとザウルスのコラボモデルのベストも僕のアイディアだったのに、
寂しいな本当に、でも則さんに預けた尻別のモンスター達のポジは諦められない感じだよ、振り返ればニセコまで流れて来たのは則さんとの琵琶湖長期キャンプで自然に目覚めたのかもしれないな〜
すっかりルアーしなくなったのは、近所にショップがないのもあるし、スペイマスターしてグリースラインテク覚えてからはフライの方が断然釣れる様になったからだと思うな、でも今日のサクラは沈下速度に反応していたようだ、それもすぐ近くで。
仕事にしだしてから密漁は止めた、それでもサクラが見たくて川に足を運んでしまう。見るのも同罪かもしれないけどね、
いつになったら水量が落ちるのだろう?僕のはまっているニジマスの瀬が狙えるまでは
後30センチは下がって貰えないとだめのようだ。d0052419_1238927.jpg
# by stream-navi | 2005-05-18 19:49